吉本芸人と政府の炎上理由や批判は?住みます芸人の改善策は?

皆さんこんにちは、Akiです。

今回は国民から非難殺到の問題を取り上げます。

「税金の無駄」、「ふざけてる」などと

炎上している理由についても説明していきます。

事の発端は吉本興業の【住みます芸人】と

政府の広報がコラボしたことで

非難轟々になっているみたいですね。

詳しい理由や改善策はないのかについて書きました!

スポンサーリンク

<目次>

  1. 吉本芸人と政府の炎上理由は?
  2. 住みます芸人の改善策はある?

吉本芸人と政府の炎上理由は?

出典 http://news.livedoor.com/article/detail/14538658/

そもそも政府活動である政府広報という

機関が少しでも国民と政府とを結ぶために

社会の対面している問題の解決のために行っている

地方創生が原因の発端になっているようですね。

この地方創生というのは上京だけが素晴らしいことじゃない、

地方に住んでいる若者が農業を継いだり街を活性化させたり

することを応援する取り組みをしているそうです。

政府が制作している番組に好感度の高いタレントを出演させるなど

広報にも力を入れている。

そして吉本芸人とのコラボで

【住みます芸人】がこの地方創生の企画に参加することを発表しました。

画像にもあるとおり

47都道府県分の芸人たちのお金は

税金で補われることから

「無駄遣い」、「やめさせろ」などという

批判の声が出てしまったみたいですね。

確かに私がこれを見て応援するかとなったら

微妙ですね。

結局は売れていない芸人たちを使って

地元のアピールをしたかったのでしょうけど

数も多いですし芸人たちの自腹でもないですし

自給自足生活を送るわけでもないので

誰も損をしていないのが批判の理由でもあると思います。

損をしているのは国民だという思考回路になってしまうのも

仕方ありませんし

もっとほかに使うところがあるだろうというのが大半な意見のようです。

スポンサーリンク

住みます芸人の改善策はある?

出典 http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104270473.html

2011年にも活動は行われていたこの

【地域密着型プロジェクト】の住みます芸人の企画では

特に目立った活動はないといいます。

地域の魅力では

ぜんぜん魅力ではないと感じるものばかりで

逆のマイナスイメージを持つこともあったみたいです。

ただでさえ税金を貰いながら

住むところもあって行われているきかくなので

しっかりしろという厳しい声が多かったんですね。

過去には藤岡弘、さんや徳光和夫さんも

起用されていたみたいですがそんなに有名人ですと

ギャラも高くなるので47都道府県分もまかなえないですし

もっと税金を使うわけにはいきませんよね。

私が考える改善策は

芸人さんを使うのではなくて

すでにその地域で知名度のある有名人に

地域の魅力なりを伝えてもらうほうがいいと思います。

説得力もあるでしょうし

見ず知らずの芸人に地元の魅力なんて

分かる訳無いと思われても仕方ないですもんね。

とにかく今は批判がやむまでは何も出来ないでしょうね^^;

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は国民から非難殺到の問題を取り上げました。

どちらも悪気があったわけではありませんが

結果としては炎上してしまったということですね。

この企画によって地元の若者や

住民たちが喜ぶ形に収まるのなら成功というのでしょうが

明らかにこれは失敗といえるでしょうね^^;

今後の動向に注目していきたいと思います!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする