タサン志麻の年齢や旦那(夫)やレシピ料理!伝説の家政婦は?[プロフェッショナル]

皆さんこんにちは、Akiです^^

今回は2018年5月21日(月)

22時25分~23時10分に放送される

プロフェッショナル 

家政婦・タサン志麻(たさんしま)さんが

出演されるので調べました!

タサン志麻さんの年齢や旦那(夫)

wikiプロフィールとレシピ料理、

そして伝説の家政婦とはなんなのか

気になったので一緒に確認していきましょう!

ちなみに後半には、

プロフェッショナルの関連記事もありますので

あわせてそちらもご覧ください!

スポンサーリンク

<目次>

  1. タサン志麻の年齢や旦那(夫)は?
  2. タサン志麻のレシピ料理は?
  3. タサン志麻が伝説の家政婦とは?

タサン志麻の年齢や旦那(夫)は?

出典 https://twitter.com/

伝説の家政婦と称されている

タサン志麻さんの年齢や結婚されて旦那さんかいるのかなど

気になりましたので見て行きましょう!

年齢なども含めて

wiki風プロフィールにまとめましたので

ご覧ください!

名前:タサン志麻(たさんしま)

生年月日:不明

年齢:執筆時38歳

出身地:不明

職業:元料理人、家政婦

所属:家事代行会社タカスジ

家族構成:夫、息子

タサン志麻さんは今現在38歳ということが分かりました!

正確な生年月日は分かりませんでしたが

アラフォーということが分かりましたね^^

ですが上記に貼った写真からは

とても38歳には見えませんね。

私の母は40代真ん中くらいですが

正直母よりも肌ツヤがいいと思います^^;

自分の母は特に美容には無頓着で

たまに化粧などしたまま寝てしまうので

ずぼらな性格も影響していると思うのですが

タサン志麻さんはとても綺麗ですよね!

家政婦として家の事も綺麗にしていると

人自身も美意識が高まるのかもしれませんね!

そして次に結婚されているのか

旦那さんは居るのか気になりましたね!

結論は結婚されていてだんなさんもいらっしゃいました!

しかもお子さんもいらっしゃるそうですね^^

38歳という年齢ですから

晩婚化が進んでいるとはいえ

一般的な主婦の方と変わらないですね。

旦那さんについて

詳しく調べたところ驚きべき情報が

分かりました。

なんと旦那さんは日本人ではなくて

フランス人だったのです!

出会いのきっかけは

レストランでシェフとしても働かれている

過去があったときに出会ったそうで

しかも!

歳の差は15歳も旦那さんが下なんだそうです!!

これも驚きですね(笑)

25歳フランス人との国際結婚に加えて

歳の差婚でもある異色でなかなか貴重な

パートナーですね!

お子さんは男の子で

現在はまだ0歳ということで

今年か去年に出産されたんですね!

本当におめでとうございます^^

37,8歳となると高齢出産のうちになると思うので

母子に負担がかかりやすいですが

なんとか元気な男の子を生んでくれたそうで

旦那さんも嬉しかったでしょうね!

本当に素敵な家族です!

それにしても0歳の息子さんがいながら

外では家政婦として

働かなければならないというこの社会では

なかなか厳しいですね。

共働きが普通の家庭がどんどん増えているのは

仕方ないですが

親とお子さんがまだ小さいときは

一緒に過ごしていたいですよね^^;

そんなタサン志麻さんは

家事代行サービスのタカスジという

会社に勤められています!

スポンサーリンク

タサン志麻のレシピ料理は?

家事代行サービスの会社では

タサン志麻さんらハウスキーパーが所属しているのが

株式会社タスカジさん。

ソノタスカジさんでは

つくりおきマイスター協会の設立なども

率先して行っています。

ほかにも野菜ソムリエや

食に関する知識や情報に詳しいものが

タスカジさんでは活躍されているんです。

つくりおきマイスター講座では

目安として2時間で12品もの献立を

作らなければなりません。

本当に大変そうです^^;

メニューを考えている時間だけでは

もったいないので常に同時進行して作業に入ります。

初めて訪れる他人のキッチンでも

しっかりと落ち着いて時間内に効率よく

12品も作らなくてはいけないんだとか。

文章として読んでいるだけで

凄まじい能力が必要とされますよね。

男の人は同時に考えたり行動するのがニガテですが

女の人の脳では同時に行うことが男の人よりも

得意なんだそうです!

もちろん男の人でも練習や慣れで

仕事の作業を効率よく

まわせるかもしれませんが

家政婦さんのように始めてのキッチンで

どんな食材もないまま短時間で

多くの品数を完成させるには

女の人のほうが向いているかもしれませんね。

ここでタサン志麻さんの実際に作られた

レシピを見てみましょう!

出典 https://twitter.com/

出典 https://books.rakuten.co.jp/rb/15441991/

出典 https://www.amazon.co.jp/%E5%

実はレシピ本も発売されているんです!

たくさん出版されていて

反響もとても大きいみたいで続々売れているみたいです^^

効率の良さは本当にお墨付きですから

美味しい料理が短時間で簡単に

作れる全国の主婦の味方ですよね^^

この中の1つである

レシピを参考にしたいと思います!

出典 https://kumiko-jp.com/archives/133712.html

ご紹介するのは「塩さばの白ワイン煮」レシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【3〜4人分:調理時間8分】
塩さば 2枚
セロリ 1本
玉ねぎ 1/2個
白ワイン 200cc
レモン 1/2個
ブラックペッパー 適量
水 適量
塩 適量

【作り方】
(1)セロリは筋を取り、薄い輪切りにする。

     玉ねぎは縦に薄切りにし、レモンは薄い半月切りにする。

     塩さばは4等分に切る。

(2)セロリと玉ねぎをフライパンに入れ、その上にレモンをのせる

     さらに白ワインを加え、食材が軽く浸る程度の水を注いで火にかける。
     白ワインのアルコールを飛ばしながら、全体がしんなりするまで煮る。

(3)サバを別のフライパンに入れ、ブラックペッパーを振る。

   その上にアツアツの2をのせ、火にかける。

水分が無い場合は水を足し、汁をかけながらサバに火を通す。塩で味を整えたらできあがり。

2時間で12品の料理をつくるということは、メニュー考案だけでは成立しません。キッチンを無駄なくフル活用し、作業効率を上げる方法を同時進行で考えながら作業を進めます。

これを、さまざまなスペックのキッチンで、しかも冷蔵庫の中身を確認するところからスタートし、契約時間内でおいしく作り上げることを実施するのがハウスキーパー=タスカジさんの技術です。

このダンドリ術を一般の人にも実践可能なまでに情報整理し、思考を鍛えるのが「つくりおきマイスター養成講座」です。

講師やレシピ監修には、「予約がとれない伝説の家政婦」と称され、TVや雑誌などで引く手数多となっている、タサン志麻さんをはじめとした、精鋭のタスカジさんを迎えます。

引用 https://kumiko-jp.com/archives/133712.html

どうでしたか?

写真で見ると難しそうなものでも

実際のレシピを見ると簡単ですよね!

材料と作り方がわかれば

早い時間ですぐにおいしいおかずが一品仕上がりますよね^^

参考にしてみてください!

つづいてタサン志麻さんが伝説の家政婦といわれている衝撃的な

理由が分かりましたのでご覧ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする