Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)経歴や高校とバンド!結婚(妻/子供)は誰?

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、Akiです。

今回は第159回芥川賞・直木賞の

発表として見事芥川賞に選出された

作家・高橋弘希(たかはしひろき)さんについて

調べました。

高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)の経歴や高校、

バンド名や結婚(妻/子供)などはされているのか

気になったので一緒に確認していきましょう。

ちなみに後半には過去に投稿して大反響のあった

銀行マンで母親と妻の死体遺棄に関与した

弥谷鷹仁(やたにたかひと)容疑者の関連記事もあります!

合わせてそちらもご覧ください!

スポンサーリンク

<目次>

  1. 高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)の概要
  2. 高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)経歴や高校は?
  3. 高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)バンドは?
  4. 高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)結婚(妻/子供)は?

高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)の概要

まずは今回の芥川受賞に関しましての

概要から見ていきましょう!

第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)

の選考会が18日、

東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、

芥川賞に高橋弘希さん(38)の

「送り火」(文学界5月号)が選ばれた。

高橋さんは候補4回目での受賞。

東日本大震災関連の既刊本との

類似表現が指摘された北条裕子さん(32)の

「美しい顔」(群像6月号)は受賞を逃した。

贈呈式は8月下旬、都内で行われ、

正賞の時計と賞金100万円が贈られる。

 高橋さんは青森県十和田市出身、

文教大卒。予備校講師やロックバンド活動の傍ら、

2014年に「指の骨」

で新潮新人賞を受賞しデビュー。

同作は芥川賞と三島由紀夫賞の候補にもなり、

「若い世代が戦争を描いた」として注目を浴びた。

17年には「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」

で野間文芸新人賞を受賞。文学賞候補の常連として、

実力派新人との評価が固まっている。

千葉県在住。

 受賞作は、

東京から東北地方に引っ越した中学生を

主人公に、いじめの横行する日常を不穏に語っていく。

都会と地方の対比、

現代社会に潜む暴力性や閉塞(へいそく)感を

描き出した。正統派で純文学らしい、

細密な文体でつづっている。

引用 https://mainichi.jp/articles/20180719/k00/00m/040/052000c

元々作家だったわけではなくて

予備校の講師や現在も活動されているロックバンドとしても

活躍されているので

本当にマルチな才能をお持ちになっているんですね。

個人的には外見の見た目が凄くて

とてもクールな感じな方ですし

感情を表に出さないのかもしれませんね。

受賞された喜びもそれほど大きいものでもありませんでしたし

一般なかたと比べると弱火な感じでしょうか。

面白い方ですね。

スポンサーリンク

高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)経歴や高校は?

出典:http://trendy-trendy.net/3466

つづきまして高橋弘希さんの

経歴や出身高校などをみていこうとおもいます。

名前:高橋弘希

読み方:たかはしひろき

生年月日:1979年12月8日

年齢(執筆時):38歳

出身地:青森県十和田市

職業:小説家、ミュージシャン

学歴:文教大学文学部

活動:2014年~

代表作 :『指の骨』(2015年)

主な受賞歴:新潮新人賞(2014年)

      野間文芸新人賞(2017年)

      芥川龍之介賞(2018年)

現在は38歳なんですね。

意外にも年齢が上でしたので

もっと若く見えました。

最終学歴としては

文教大学文学部での卒業が確認できましたが

どこの高校に通われていたのかなどは

確認できませんでした。

東京の高校なのか

それとも地元青森県の高校なのかは不明でした。

学生当時はおそらく先生になりたいと

思っていたのではないでしょうか。

ですが経歴としましては予備校講師となっていたので

断念されたのかバンド活動も平行して行われていたので

そもそも教員は本業としてやりたくなかったのかと

考えられますね。

スポンサーリンク

高橋弘希(159回芥川賞受賞作家)バンドは?

次に高橋弘希さんのバンド活動について

みていこうとおもいます。

文教大学を卒業後に予備校講師として

働きながらも別の活動としてロックバンドをされていました。

バンド内での役割は作詞作曲、さらにボーカルとピアノも担当

されていました。

本当に何でもできてしまうイメージですね。

見た目からかなんとなく川谷絵音さんにも

見えてきてしまいました(笑)

マルチな才能と見た目がとてもそっくりに見えてきますね^^;

肝心の気になるバンド名や活動拠点、CDなどですが

詳細は一切不明とのことでした。

個人的にとても楽しみだったので

残念です。

ですが今回の芥川賞の受賞がキッカケとして

有名になったとしても本人たちは嬉しくないでしょうね。

不本意であると思います。

ですのでいずれバンドとして有名になられたら

応援したいと思います^^

次に高橋弘希さんの結婚やお子さんについて

衝撃的な事実も判明いたしましたので

合わせてそちらもご覧ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする