Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

只野哲也の高校大学や家族(母・父・妹)と柔道!現在の年齢や裁判結果![ザ・ノンフィクション]

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、Akiです^^

今回は2018年5月27日(日)

13時40分~14時35分に放送される

ザ・ノンフィクション 

てっちゃんこと

只野哲也(ただのてつや)さんが

出演されるので調べました!

只野哲也(ただのてつや)さんの出身高校や大学、

家族(母・父・妹)と柔道や

現在の年齢や裁判結果なども

気になったので一緒に確認していきましょう!

ちなみに後半には過去放送して大反響のあった

ザ・ノンフィクションの関連記事もありますので

あわせてそちらもご覧ください!

スポンサーリンク

<目次>

  1. 只野哲也の高校大学は?
  2. 只野哲也の家族(母・父・妹)と柔道は?
  3. 只野哲也の現在の年齢は?
  4. 只野哲也の裁判結果は?

只野哲也の高校大学は?

出典 http://e-stageone.jugem

今回、ザ・ノンフィクションで紹介されるのは

東日本大震災でよって甚大な被害をもたらした

津波から奇跡的に助かった奇跡の子と

言われているてっちゃんこと只野哲也(ただのてつや)さんです!

当時はまだ小学生で11歳だったんです。

今から7年前ものことだったんですね。

時間の流れがとても早く感じます。

当時の地震のときは私は中学生で

校舎にて非難していました。

東北地方ではなかったので

まだ被害は少なかったですが

連日のニュース番組では常に地震や津波、

放射線物質についての報道しかされていませんでしたね。

あのときはたしか金曜日で

土日を挟んでの翌週だったので

学校は普通にありました。

ですが被災地の石巻などでは

津波によって奪われたたくさんの命があったり

家族との突然の別れがあったんですよね。

本当に心苦しく思います。

只野哲也(ただのてつや)さんはまだ小学生だったんですが

当時の被害の状況はまだ鮮明に覚えているでしょうね。

そこで出身高校や大学などについて

気になりましたので

調べていこうと思います!

現在の只野哲也(ただのてつや)さんは

今年の3月で高校を卒業されたということなので

高校と大学が判明されているということなんですね!

まずは高校からですね。

卒業されている只野哲也(ただのてつや)さんの

高校は石巻工業高校ということが分かりました!

偏差値は47くらいで

県内の高校では割と上のほうでした!

成績は悪くなかったんでしょうね。

そして次に現在在籍されている

大学についてみていこうと思います。

只野哲也(ただのてつや)さんが入学された大学は

東北学院大学ということが分かりました!

この東北学院大学ではキリスト教が基本となっており

経営学部、法学部、教養学部、工学部、文学部、経済学部の

6つから成り立っている総合型の大学のようですね。

キャンパスの数は3つあり

規模は大きい大学なんですね^^

そして大学で学んでいるのは

機械工学らしいです!

工学部のさらに細かい学部ということでしょうね。

将来的にも考えている

学部なんでしょうね!

スポンサーリンク

只野哲也の家族(母・父・妹)と柔道は?

出典 https://www.huffingtonp

つづいて只野哲也(ただのてつや)さんの

家族や柔道についても見ていこうと思います。

只野哲也(ただのてつや)さんには

もともと仲のよいご家族がいらっしゃいました。

ですが東日本大震災の津波によって

只野哲也(ただのてつや)さんは

妹の未捺(みな)さん当時9歳、

母のしろえさん当時41歳、

祖父の弘さん当時67歳の3人を

失ってしまったのです。

まだ11歳だった只野哲也(ただのてつや)さんには

なかなか受け入れがたい現実だったと思います。

小学生の頃なんかは

親がいないと生きていけないくらいに

思っていましたから相当な精神的ダメージはあったでしょうね。

無事だったのは父の英昭さんと

只野哲也(ただのてつや)さんでした。

徐々に現実を感じてきたのでしょうね。

家族がいない。孤独。というものを

感じてきたそうです。

震災後に只野哲也(ただのてつや)さんの

通っていた宮城県石巻市の大川小学校では、

児童は74人、教職員10人が津波の犠牲に

なったそうです。

現在の只野哲也(ただのてつや)さんは

「報道などで74人の生徒がなくなったと

簡単に流しているがそれぞれに今までや

これからの人生があったはず。

残された自分たちがその分しっかりと後世にも

伝え続ける義務がある。」と強く語られていたそうです。

考え方がとても大人で驚きました。

それほどまでに前向きに人生のことについて

考えているんですね。

つづいて只野哲也(ただのてつや)さんが

行っていた柔道についてすこし見て行きましょう。

石巻工業高校では柔道部に所属していた

只野哲也(ただのてつや)さん。

他にスポーツなどをやられていたということは

分かりませんでしたが

高校では柔道をされていたんですね!

格闘技の中でも特に

【心・技・体】が基本とされている

柔道ですが

震災の影響からそういった武道の道も

学ぼうと思ったのでしょうか。

石巻などの避難民たちは

放射線物質をたくさん受けているだろうと

風評被害が凄かったらしく

転校などをしても

学生たちはみんないじめやなにかしらの問題が

発生していたようですね。

それらの経験からもいつでも

誰かや自分自身を守れるのは己だと悟って

柔道を始めたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

只野哲也の現在の年齢は?

出典 https://photo.kahoku.co.jp/graph/2016/03/09/01_20160309_73028/004.html

先ほども書きましたが

現在只野哲也(ただのてつや)さんは

今年の春から東北学院大学に入学されました。

生年月日などは分かりませんでしたが

今はまだ18歳だと思われます。

東日本大震災を経験されたのは

当時11歳ということですから

本当に怖かったと思います。

あの巨大でとてつもない量の

津波に襲われながらも奇跡的に助かった5人のうちの

1人なんだそうです。

そのような風に言われたところで

家族は戻ってきませんし

只野哲也(ただのてつや)さん本人は

どうも思っていないかもしれませんね。

何度も何度もあの時こうしていればと

考えられたのではないでしょうか。

被害状況が凄すぎて

どう行動していても抗えなかったのかもしれません。

津波にまきまれておけばよかったと私なら

思ってしまいそうです。

物資の支援やお金の支援もありましたが

避難生活が潤っていたわけではなかったと思います。

まだまだ家に帰れていない方たちや

ある日突然家族を奪われてしまった人たちの

気持ちは分かってあげられませんが

今後もしっかり後世に伝えていくという前向きな考えを持っている

只野哲也(ただのてつや)さんが素敵だと感じました。

スポンサーリンク

只野哲也の裁判結果は?

出典 http://e-stageone.jugem

只野哲也(ただのてつや)さんのお父様である

英昭さんは震災でのたくさんの子供たちの死を受けて

行動に移しました。

それは学校や行政の責任を追及する

「大川小津波訴訟」の原告団に加わる。

ということでした。

これらは当時被害を受けた大川小学校に対する

防災対策の不備に関して

異議を唱えるという団体活動のことでした。

何度も行われたという

裁判での様子が書かれたものがありましたので

ご覧ください!

 東日本大震災の津波で犠牲になった

宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が

石巻市と宮城県に損害賠償を求めた訴訟で、

市と県は10日、学校や市教委の事前防災の

不備を認めた4月26日の仙台高裁判決を

不服として最高裁に上告した。

遺族側は上告しなかった。

 控訴審判決は、学校の立地条件から津波の危険性を

予見できたと指摘。1審より約1000万円増額した

14億3617万円を支払うよう市と県に命じた。

 これに対し、石巻市の亀山紘市長は

「防災の専門家ではない校長らが津波浸水を予見するのは不可能」

などとして、8日の臨時議会で上告の関連議案を提出。

16対12の賛成多数で可決された。

宮城県の村井嘉浩知事も専決処分で上告を決めた。

引用 https://mainichi.jp/articles/20180511/k00/00m/040/034000c

結果としては戦い続けた結果

20人以上もの遺族らが裁判に挑んで

およそ14億円以上もの賠償金を獲得することに

決定しました。

それらは遺族らへの家族を失った賠償や

今後の生活費に当てられるでしょうね。

お父様は仕事で忙しくても

なるべく積極的に話し合いや原告団に参加されていたそうです。

たしかに津波がいつきてもおかしくはない

状態の日本でもしかしての危険性を

予め見通せていたら

助かった可能性のある子供たちもいたかもしれませんね。

校長先生など地震や津波に詳しい専門家などの意見や

いざ災害が起きたときの対処法をの指導が甘かったとして

今回の判決に至ったんですね。

なくなられた家族はいくらお金があっても

戻ってはきませんが生活に困るということはなくなったので

精神面の回復や改めて人生を考えられる

機会になったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

以上ですがいかがだったでしょうか?

今回は2018年5月27日(日)

13時40分~14時35分に放送される

ザ・ノンフィクション 

てっちゃんこと

只野哲也(ただのてつや)さんが

出演されるので調べました!

震災での被害は7年経った今でも

ものこっているでしょうし

遺族のみなさんにとっては

一生消えることのない傷となってしまったと思います。

ですが今回出演される

只野哲也(ただのてつや)さんは

ただ落ち込んでいるのではなく

前を向いて助かったこの命を

後世に伝えていけるようにしっかりと

目標などを見据えていました。

年齢は私よりも下ですが

考え方や人生経験としては

大人以上にしっかりとした方ですね。

今は大学にはいったばかりですが

今後の活動にも注目していきたいですね。

ちなみに関連としてまとめたオススメの

ザ・ノンフィクションの記事はコチラからどうぞ!!

↑↑↑↑↑

東京バーレスクで働くみにーさんの詳細記事です。

若いながらも小さい男の子がいらっしゃって

夜の仕事と子育てを両立しながらの生活です。

苦しいながらもかわいいお子さんのために

今も尚頑張っておられます。

いろいろなことが分かりましたので

あわせてそちらもご覧ください!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする